定期的に個別面談をする

テストの点数で分からない変化を確認

学校での生徒の評価はテストの点数などの数字で行われやすく、点数が高ければ成績が優秀で評価も高くなるでしょう。多くの生徒は勉強が好きか嫌いかは別にして高得点を取りたいのでしょうが、いろいろな事情があって取れないときもあります。塾においてもテストで評価してクラス編成などを行いますが、それだけで評価すると生徒に合わない指導が行われ学力を下げてしまうケースもあります。それを防ぐための方法として定期的な個別面談があり、テストの点数で分からない生徒の変化を確認ができます。点数が下がり始めたからと言ってすぐにクラス替えをするのではなく、個別面談で下がった理由を確認したり励ましたりすれば再上昇してくれるかもしれません。

生徒が塾に話せる環境を作る

学校においては先生と生徒の年齢差はそれなりにあり、コミュニケーションを取るときにも一定の距離を感じるときもあるようです。塾でも同様に運営側と生徒との距離があったりして、生徒側はなかなか塾に対して質問をしたり疑問点を投げかけたりができないかも知れません。質問ができる生徒はどんどん学力アップができますが、質問ができない生徒はなかなかアップできない状況があり、改善のためには塾側の努力が必要になるでしょう。そこで行われるのが定期的な個別面談で、毎月一回や数ヶ月に一回など成績などに関係なく行って塾と生徒がコミュニケーションをする機会を作ります。自分から話せなかった生徒も積極的に質問ができるようになり学力アップが可能になるでしょう。