マンツーマン指導を導入する

講師の指導力アップに向けた取り組みを考えよう

学習塾を経営するうえで、短期間で生徒の学力を上げるには、早い段階でマンツーマン指導の導入を検討することが重要です。また、学力が異なる小中学生の指導を効率良く行ううえで、講師の指導力アップに努める必要があります。そのため、主要科目の指導を担当する講師を対象に、適切な指導方法について集合研修を実施したり、日々の授業の後に自己評価をさせるなど将来に繋がる計画を立てることが大事です。また、マンツーマン指導は集団指導と比べて生徒の学習意欲を高めるために時間が掛かることがあります。こうした問題を解決するには、担当講師が数か月おきに生徒と保護者と面談を行ったり、外部の模擬試験を取り入れたりといった方法があります。

高学歴の指導経験が豊富な講師を採用しよう

一人ひとりの生徒の学習のペースや目標に応じて適切にサポートをするには、高学歴の指導経験が豊富な講師を採用することが大事です。特に、難関の中学や高校を目指している生徒が多く在籍する学習塾においては、個別に様々な角度から指導を行える講師の存在が不可欠です。そうした中、より多くの優秀な講師を迎え入れるには、時給を高く設定したり、継続的に教育を受けられるシステムを整えたりすることがポイントです。なお、マンツーマン指導を行う講師をメインに採用する場合には人件費が高額になることがありますが、正社員に限らずパートタイムの講師の募集をすることで、過去に大手の学習塾や有名な小中学校などで教員の経験がある人を配置することができます。